プラスチックコンテナの専門サイト ヒシコンドットコム 三菱ケミカルインフラテックのマテハンツール
トピックス/新着情報 お問い合せ先/会社概要 サイトマップ おことわり Home
 
耐薬品性

評価基準
無機薬品に対する抵抗性は試料の外観の変化、液の汚染の程度、および物性の変化を重視して分類しました。

◎:全く、あるいはほとんど影響がない。 △:なるべく使わない方がよい。
○:若干の影響はあるが条件により十分使用に耐える。 ×:烈しい影響があるため、使用に適さない。


有機薬品、油類に対する抵抗性は試料を室温で48 時間浸漬して重量変化率を測定し、下記に従い分類しました。

◎:重量変化率10% 以下 △:重量変化率31 から100%
○:重量変化率11 〜 30% ×:重量変化率101% 以上

分類 薬品名 PE PP 備考
無機薬品 硫酸(10%)
硝酸(10%)
塩酸(10%)
燐酸(10%)
過酸化水素水
過マンガン酸カリウム
弗化水素酸
クロロスルホン酸







×







23℃×30%濃度
23℃×10%濃度
23℃×38%濃度
23℃×75%濃度
23℃×30%濃度
23℃× 5%濃度
23℃×40%濃度
-
苛性ソーダ(10%)
アンモニア(無水)


23℃×30%濃度
-
青酸カリ
重クローム酸カリ
過マンガン酸カリ
臭素



×



△×
-
23℃×10%濃度
23℃× 5%濃度
-
有機薬品 ニトロベンゼン
ベンゼン
アニリン
メタノール
エチルアルコール
エチレングリコール
アセトン
ジエチルエーテル
グリセリン
ホルマリン
マレイン酸
蟻酸
酢酸(50%)
蓚酸
四塩化炭素
キシレン
トルエン
酢酸エチル
クレゾール
クロロホルム
ガソリン
メチルエチルケトン
二酸化メチレン
ラッカー
トリクロールエチレン
アマニ油
×






×






×




×

△×




△×


















×

×



-
-
-
-
-
-
-
-
-
23℃×40%濃度
-
23℃×90%濃度
23℃×100%濃度
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
油脂 オリーブ油
灯油(ケロシン)
潤滑油

×


-
-
-
上記の適性表は、コンテナ原料の基本特性を示したものです。ご使用時の温度等の条件により異なることもありますので、上記薬品でのご使用にあたっては、弊社または取扱店にご相談ください。
戻る ページトップへ
Copyright(c) Mitsubishi Plastics Infratec Co.,LTD.